Nori Tohyama

Nori Tohyama

20190323

 

1990年にアイルトン・セナが実際にかぶったヘルメットがオークションに登場(上写真は88年)。

 

ヘルメット史上最高額となる、約1700万円で落札されたそうな。

 

 

F1で一番のアイコンといえばやはりこの黄色いヘルメット。

 

 

奇跡的に美しいグラフィックを持つ当時のマクラーレン。真っ白なスペースに絶妙に配置されたスポンサーロゴと、タイポグラフィのようにバランスされた複数のブランド名。

 

そんな白赤のマルボロカラーの中心で一点輝く黄色いヘルメット。

 

視覚的にこれほど美しいレーシングの「いでたち」はもう金輪際出てこないかと思ってしまいます。

 

 

特集:東京ロールスロイス。

20190612

 

一台一台がビスポーク。

 

すべてのディテールがカスタムメイド。

 

どのファントムも内装は豪華で色鮮やかで、どのゴーストだって個性にあふれた世界に唯一の仕上がりで。

 

ロールスロイス自体がそんな特別なクルマだからこそ、この“異質”な一台に目が奪われる。

 

 

東京を走るこのカリナン。

 

インテリアに選ばれたのは、ベーシックなブラックレザーと、ほんの些細なネイビーのアクセント。

 

ダッシュボードの裏地部分、ドアパネルのアームレスト、そしてシートベルト。

 

最低限の箇所にとどめた、最低限のコントラストに抑えた、黒と紺のツートンカラー。

 

 

まるで全身ブラックのライダースジャケット、その襟の裏側にだけこっそりと同系色レザーを張るかのような。

 

香るか、香らないか。

 

ほんの小さな個性。

 

 

エクステリアも同様。

 

グリル、モール、ホイールをブラックアウトし、黒と紺のツートンに。

 

 

世界最高峰ブランド。

 

世界に一台のビスポーク。

 

だからこそすべてを最小限に。そしてもっとストリートに。

 

そんな、東京ロールスロイス。

 

 

(Text & Photo:Nori Tohyama)

Close