L.AKenta

L.A. Kenta

20190320

ボクがそうだったから良くわかるけど、国産の走り屋って、なかなか外車の良さを見出せない、というか、興味すらないことが多いんだよね。

 

本当にボクもそうだった。一番カッコイイのはパープルやブルーにオールペンしてベタベタにシャコタンで直管爆音、リアナンバーカチアゲのS13、あるいはフルエアロで1JZサウンドを奏でる神奈川仕様か足立仕様のJZX100だろ、って。タービン変えて400馬力、外車なんか相手んなんねーよ、って(15年くらい前の話ねw)。

 

だけど、ちょっと視野を広げると、いいクルマってあるんだよね。

 

例えばこのアストンマーチン V8バンテージ。

 

FRにマニュアルで385馬力(後期は426馬力)。

 

イメージ的にはS15や30ソアラ、80スープラってとこ?

 

だったらさ、一回アストン乗ってみてもイイと思うんだよね、国産派の走り屋だってさ。

 

別にそれがポルシェでもイイと思う。

 

ボクはアメリカから日本に帰国して、走りたかった。だけど年齢も30歳を越えてたし、いまさらハチロクだ、S14後期だ、って感じでもなかった。

 

ある程度ステイタスがあって、さらに走れるクルマが良かった。

 

候補はフェラーリとポルシェ(あ、BMW M5なんかもあったかな)。

 

ポルシェはそもそも空冷狙い、なんでだか忘れたけど。

 

マフラー入れてる997ターボ 6MTなんかも借りて湾岸で踏んだんだけど、速すぎたのかなw それで『空冷だべ』ってなったのか、昔から好きだったのか(それはないか)忘れた。

 

逆にフェラーリ F355は遅すぎた。

 

で、993を買ったんだよね。

 

確かにベタベタのシャコタンには出来ないし(てか、しない)、爆音マフラーも入れてない。

だけど、いままで乗ったどの国産より気に入ってる。

 

ま、つまり、国産改造車って(都内走る人はわかると思うけど)めんどうなこと多いし、外車もアリなんじゃん、ってこと。

 

あ、なんで993買ったか思い出した。

 

RAUH-Weltの中井さんにアドリアーナ(993ベースのRWB車)を借りてた時、改造車なのにメンドウなことが無かったからだ。こいつぁイイべ、ガイシャの役得だべってことで、ポルシェ(993)買うことにしたんだった。

 

 

特集:東京ロールスロイス。

20190612

 

一台一台がビスポーク。

 

すべてのディテールがカスタムメイド。

 

どのファントムも内装は豪華で色鮮やかで、どのゴーストだって個性にあふれた世界に唯一の仕上がりで。

 

ロールスロイス自体がそんな特別なクルマだからこそ、この“異質”な一台に目が奪われる。

 

 

東京を走るこのカリナン。

 

インテリアに選ばれたのは、ベーシックなブラックレザーと、ほんの些細なネイビーのアクセント。

 

ダッシュボードの裏地部分、ドアパネルのアームレスト、そしてシートベルト。

 

最低限の箇所にとどめた、最低限のコントラストに抑えた、黒と紺のツートンカラー。

 

 

まるで全身ブラックのライダースジャケット、その襟の裏側にだけこっそりと同系色レザーを張るかのような。

 

香るか、香らないか。

 

ほんの小さな個性。

 

 

エクステリアも同様。

 

グリル、モール、ホイールをブラックアウトし、黒と紺のツートンに。

 

 

世界最高峰ブランド。

 

世界に一台のビスポーク。

 

だからこそすべてを最小限に。そしてもっとストリートに。

 

そんな、東京ロールスロイス。

 

 

(Text & Photo:Nori Tohyama)

Close